4 11

開館

金沢21世紀美術館

MENU

EXHIBITION展覧会

特別展

フェミニズムズ / FEMINISMS

2021年10月16日(土) -
2022年3月13日(日)

遠藤麻衣×百瀬文《Love Condition》2020年

インフォメーション

期間:
2021年10月16日(土) 〜2022年3月13日(日)
10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館
展示室7〜12・14
休場日:
月曜日(ただし11月1日、11月22日、2022年1月3日は開場)、 11月24日(水)、12月29日(水)〜2022年1月1日、1月4日(火)、1月11日(火)
料金:
観覧券[日付指定入場制]
一般:1,200円(1,000円)
大学生:800円(600円)
小中高生:400円(300円)
65歳以上の方:1,000円

※当日観覧券販売は閉場の30分前まで
※( )内は団体料金(20名以上)およびWEB観覧チケット料金

友の会会員について:
・日付指定不要でいつでもご入場いただけます。
(ただし、当日の混雑状況により入場制限の可能性があります。)
・友の会会員の同伴者は、事前に日付指定の予約券をご購入いただくか、当日券をお買い求めください。
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800

概要

本展覧会は、写真家の長島有里枝を企画協力に迎え、ガーリー・ムーブメントから始まるフェミニズムを概観すると同時に、1990年以降の日本のメディア文化とフェミニズムの交錯する表現に着目する展覧会す。今、雑誌やコミック、テレビアニメ、ミュージックビデオ、ゲーム等で感受性を形成してきた世代が現代美術の表現の場の中心にいます。インターネットを介して、現在・過去・未来、そして所属する国家も超越しながら、個人的な違和感は共有され、表現され、「社会的な違和感」として膨張していきます。その違和感を共有しない人たちの違和感がまた組織化されていくという社会構造の中、メディアと個人を行き来しながら、アーティストたちは表現に挑んでいます。
本展覧会では「かわいい」や「らしさ」もジェンダーの多様性として一旦受け入れながらも、違和感とどう向き合っていくか、フェミニズムの視座から考えます。

出品作家

長島有里枝 / 遠藤麻衣×百瀬文 / 風間サチコ / 木村了子 / 西山美なコ / 碓井ゆい / ユゥキユキ 他

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]