8 04

開館

金沢21世紀美術館

MENU

新型コロナウイルス感染症に関する対応について(7月31日現在)

金沢21世紀美術館では、新型コロナウイルス感染拡大予防のため下記の対応を行っております。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

【お客様へのお願い】
・ 37.5度以上の発熱や咳、くしゃみ、鼻水などの症状があるお客様、体調の優れないお客様のご来館はお控えいただきますようお願いいたします。
・ 館内の密集を防ぐため、美術館出入口を本多通り口(総合案内近く)、市役所口(市民ギャラリー、シアター21近く)、地下駐車場口(市役所・美術館地下駐車場直結)の3箇所のみとして、館内への入場制限を実施しています。
・ 入館時に来館者の検温の実施を行っていますので、検温にご協力ください。37.5度以上の発熱がある場合には入館をお断りいたします。
・ 来館者の分散を図るため、日時指定のWEBチケットを「de-sport::芸術によるスポーツの解体と再構築」展、「内藤礼 うつしあう創造」展で導入しております。ご来館の際は、チケットご購入の列にお並びいただく必要がないように、事前にご希望の日時指定チケットをお買い求めの上、ご来場ください。なお、8月3日までレアンドロ・エルリッヒ作品《スイミング・プール》の地下部分はご覧になれませんので、あらかじめご了承ください。
・マスクの着用など、咳エチケットにご協力をお願いいたします。
・館内への出入口にアルコール消毒液を設置しております。手指の消毒にご協力ください。
・館内で展覧会のチケットをお買い求めの際は、他のお客様と1.5m程度の間隔を空けてお並びください。
・展示室内の混雑を緩和するため、展覧会場、展示室への入場制限を行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。また、混雑が見込まれる場合は、ご入場をお断りする場合があります。
・飛沫予防のため、館内での会話等は極力お控えいただきますようお願いいたします。
・他のお客様との距離は、できるだけ2m以上空けてください。
・館内でのお支払いはできるだけキャッシュレス決済をお願いいたします。
・館内で体調が悪くなられた場合は、お近くのスタッフまでお申し出ください。

【新型コロナウィルス感染拡大予防のための当館の対策】
●お客様への対策
・入館時の検温の実施とマスクの着用を要請いたします。
・出入口等にアルコール消毒液を設置します。
・ソーシャルディスタンスの確保をお願いいたします。

●展覧会、事業等実施に係る対策
・来館者の分散を図るため、日時指定のWEBチケットを「de-sport:芸術によるスポーツの解体と再構築」展、「内藤礼 うつしあう創造」展で導入します。
・三密を防ぐため以下の施策を実施します。
 ※展覧会会場及び各展示室への入場制限
 ※レアンドロ・エルリッヒ作品《スイミング・プール》地下部の閉鎖(8月3日まで)
 ※ワークショップやシアター公演などの美術館事業における収容人数制限等の実施

●施設環境整備に係る対策
・館内の密集を防ぐため、美術館出入口を3箇所(本多通り口、市役所口、地下駐車場口)に限定し、館内への入場制限を実施します。
・高頻度接触部(ドアノブ、エレベータースイッチ、手すり等)や車椅子、ベビーカーなどのきめ細やかな消毒・清掃を実施します。
・館内清掃を強化します。
・総合受付にアクリル板を設置し、お客様に対応いたします。
・チケット購入の際、他のお客様との間隔を保っていただくため、1.5m間隔でフロアマーカーを設置します。
・空調等換気の強化をいたします。
・パンフレット等の手渡しはせず、据置きとさせていただきます。
・お手洗いのハンドドライヤーは当面の間休止とさせていただきます。

●職員・スタッフの安全確保に係る対策
・館内全スタッフの手洗い、定期的な検温による健康管理を徹底します。
・展示室の監視員や受付スタッフ等は、マスク及びフェイスガードを着用いたします。

●安全対策
・感染が疑われる方の入館制限を実施します。
・発熱等の体調不良者、咳エチケット等の注意喚起のための看板を設置します。
・当面22時の閉館時刻を19時(金・土曜日は21時)とし、開館時間の短縮を実施します。

当館ではできる限りの対策を行っていますが、万一、館内で感染発生が確認された場合には、テレビや新聞などのメディア、市政広報、当館ホームページ等で速やかにお知らせいたします。