"/>
2 26

休館

金沢21世紀美術館

MENU

EVENTイベント

金沢21世紀美術館友の会 会員限定イベント 特別企画

「虚影蜃光 Shell of Phantom Light」 池田晃将 アーティスト・トーク

2023年7月2日(日)

《夜光紫電砲中次》2021
個人蔵 H7.8×Φ4.2
漆、夜光貝/木曽檜
撮影:中川暁文

インフォメーション

期間:
2023年7月2日(日)
14:00〜15:30(開場 13:30)
会場:
金沢21世紀美術館 シアター21
料金:
無料(要会員証提示)
定員:
100名(先着順、定員に達し次第締切)
対象:
金沢21世紀美術館 友の会会員

友の会ご入会はこちら
お問い合わせ:
TEL 076-220-2814(広報課)

概要

展覧会をより詳しく見るために池田晃将氏をお招きし、トークを開催します。
作品制作の工程及び制作に導入している新技術や、本展で作品とともに展示されている、池田氏が影響を受けてきたものについてもお話しいただき作品の背景に迫ります。

モデレーター:杭亦舒(金沢21世紀美術館・レジストラー)

※本プログラムはサスティンメンバーと合同で実施いたします。

申込方法

WEBお申込みフォームでの受付は終了しました

作家プロフィール

池田晃将(いけだ てるまさ)

1987年千葉県生まれ、石川県金沢市在住。2016年金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科修士課程工芸専攻修了。2019年金沢卯辰山工芸工房漆芸工房修了。主な展覧会に「ポケモン×工芸展―美とわざの大発見―」(国立工芸館、2023年)、「超絶技巧、未来へ! 明治工芸とそのDNA」(岐阜県現代陶芸美術館、2023年)、「ジャンルレス工芸展」(国立工芸館、2022年)、「《十二の鷹》と明治の工芸―万博出品時代から今日まで変わりゆく姿」(国立工芸館、2021年)、「和巧絶佳展-令和時代の超工 芸-」(パナソニック汐留美術館、2020年)など。

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]